遅漏症とEDの違いとは

EDと遅漏症が一緒であると勘違いをしている人がいますが、遅漏症とEDには根本的な違いがあります。
EDは、勃起をしないことを指し、遅漏は、射精が遅いということです。
しかし、根本的な違いはあるものの、遅漏に至る原因となってしまったことは、結果的にEDとなってしまう原因となってしまう例はいくつかあります。
遅漏とは、上記でも記載した通り射精ができないこと、射精が遅くなってしまうことであり、女性でいう不感症のたぐいとも言われています。
しかし、女性の不感症とも根本的な問題となる点は最期まで到達することはできないけれど、感じることができている状態である、というところです。
つまり、遅漏の根本的な要因としては刺激不足があげられます。
それではなぜ、遅漏となってしまうのでしょうか。
原因として多く言われているのは、普段強すぎるマスターベーションをしている人が多いです。
ネットの普及に伴い、アダルトビデオやわいせつな画像を誰でも簡単にインターネットからみることができるようになってしまい、日常ではありえないような視覚的刺激を受けながら、過激な自慰行為用の製品や手法でオナニーをしてしまい、結果的に女性の膣内でいくことができない、いわば遅漏の状態となってしまうことがあるのです。
また、そのような刺激的な自慰行為をし続けることで普通の状態では満足することができず、普通のSEXができなくなってしまう、また、大事な時にたたない、いわばEDのような状態まで陥ってしまう可能性もあるのです。
そんな状況を打破するには、とにかく一度マスターベーションをすることを辞めてみることが大切です。
夢精をしてしまうくらいまで我慢をして、女性との性交をすることで新たな快感を感じることができるのです。